*calendar*

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

*profile*


★ランキング参加してます★
更新の励みになります! ブログランキング・にほんブログ村へ

*categories*

*archives*

*Twitter*



*links*

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


    web拍手 by FC2

    ブログランキング・にほんブログ村へ ☆いつもありがとうございます☆励みになります(*´∀`*)
  • 2013.09.16 Monday
  • -
  • -
  • -

【夜明けには優しいキスを】凪良ゆう

朝なんて来ないと思ってた―。
フリーターの西塔要はある秘密を抱え
自分には幸せになる権利はないと日々ひっそり生きてきた。
バイト先の無茶なシフトや恋人の加瀬からの暴力すら黙って受け入れる要を
バイトの後輩である池上公平はなにかと気にかけてくれる。
最初は苦手だったのに、公平の明るさと優しさに触れるうち、要は次第に惹かれてゆく。
けれど受け入れられない。公平を好きになってはいけない。
過去の秘密が要を縛りつけ、二人の仲を疑う加瀬の執着も日毎にエスカレートしていき…。

 
これ、わたしはだめだったっぺや〜〜
久々に途中でリタイアしそうになったわ〜〜〜

重いのもつらいのも痛いのもモノによっては大丈夫なんだけど…
読んだ時期が悪かったのか気分的なものなのか……

何がだめだったのか箇条書き↓

・ 読むのがしんどい就労環境描写
 過去がなんであれ、耐えずにちゃんと上にもの申そうよ!
 (自分がガンガン上にもの申しちゃうほうなので見てると苛々する…)

・ 労働組合とか運動とか
 どんなにライトなノリでも拒否反応が!
 (思想・宗教等、すべてにおいてニュートラルな位置にいたいの)

・ 公平の性格
 これが一番の理由かも
 ガンガンこられると何故か気が滅入ります…

・ 加瀬が不憫すぎる
 自分に何かしらの感情があって耐えてくれてるならともかく
 ただ過去の自分への罰発生装置としてそばにおいてたなんて

・ 加瀬の身の引きっぷり
 あんなに執着してたのにいいの!?(笑)
 ヤコ先生といい、凪良ゆう作品の脇はそういう役割でもあるのかしら

だいたいこんなところかしら。
云わずもがなですが、「わたしは」ここがだめだったということですからねー


どうしようもない絶望的な現状から
劇的に自分を救い出してくれる攻、という話だったら
榎田さんの【獅子は〜】のほうがドラマチックで好き。
それこそ、わたしの好みによるものなので
どっちがいいとか悪いとか、そういうことじゃあありませんけど。


スポンサーサイト


    web拍手 by FC2

    ブログランキング・にほんブログ村へ ☆いつもありがとうございます☆励みになります(*´∀`*)
  • 2013.09.16 Monday
  • -
  • 11:29
  • -
  • -

コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
トラックバック